週末競馬漬オ─ヽ(・ω・´(`・ω・´)ノ`・ω・)ノ─ッ

週末に競馬の醍醐味をいろんな方に伝えたり、皆さんで楽しく競馬予想などできたらなと思います。 どうぞ御覧ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

感動感激日本ダービー

今週の日曜日歴史は新たに作られましたね。

クリフジ以来64年ぶりの牝馬による日本ダービー制覇。

自分は、まったくのノーマーク_| ̄|○
だめだめでした。
仕事先の人があててうらやましかったですね。

あの馬券を取るのもなかなか至難の業だったと思います。

角居調教師も初挑戦で見事にその栄冠を手にしたわけですが
なによりも牝馬での勝利ですから格別な気持ちになったと思います。

また、四位騎手の男泣きにも感動させられました。

何度も苦渋をなめ続けてきた男が栄冠を手に入れそして涙。

すばらしかったです。

これでぐっとウォッカの凱旋門挑戦が現実味を帯びてきました。

正直前は胴かなと思いましたが、外国でのレースに長けている
角居調教師のことです。

大丈夫だと思いますし信じたいです。


関係者の方々、ウォッカ
本当におめでとうございます。

さぁ来週の日曜日は、安田記念。


香港馬が来襲ですね。

今の香港のレベルはメキメキ上達しています。

・・・甘く見てると痛い目あいますので気を引き締めてがんばってほしいものです。
スポンサーサイト
  1. 2007/05/29(火) 22:39:58|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

さぁ日本ダービーm9( ゚д゚)っ

さて今日からはじめた競馬Blog皆さんこんばんは。

管理人のまほらんと申しますww
まほらとお呼びください。

さてこの言葉はとても有名かと思いますが、
『ダービーオーナーになるのは、一国の宰相になるよりも難しい』
Byチャーチル(元英国首相)

実際毎年に1回しかも3歳しか出れないレース生涯に一度だけであり
18頭しか挑むチャンスが与えられないレースである。

この雰囲気はとてつもなく不思議な感じだという。

自分も足を是非運んでみたいものだとは思うのだがなかなかそうもいかず。
今年のダービーは色々と、楽しみな要素が含まれているんではないでしょうか?

自分的には、、、、やっぱり牝馬のチャレンジであるウォッカじゃないのかなと主観的に思う。勝利すればクリフジ以来の勝利となるわけだが、あの当時と今の環境ではまったく違うというのはいうまでもない
名牝となりうる存在なのかなと思ったりもしたりしてる。

さて、とうとうあさってとなった日本ダービーここで、私の思った馬に注目してみたいと思う。

まずは、当然皐月賞を勝利したヴィクトリーだろう。
先行逃げ切りを見事に成功させ、勝春に久しぶりにJRAのG1を
プレゼントしたことは記憶に新しい。
さて、ここで東京に場所を移した時どのような作戦でいくのかが注目となる。また、前回のように逃げを打つのかはたまた先行策に終始集中するのかがまた違う展開を予想することができる。

自分的に逃げにいくことはないのかなと考えている。
折り合い面がある程度克服できていることを前提に考えた場合なのだが(笑 実際折り合うことがなかなかうまくできていないのが現状なのではないかなと思うし、皐月賞からの間でそこまでうまく調教できていたのかなと思うのは逆に不安なのである。
サニーブライアンのようなタイプとおっしゃる方々も多く見受けられるのだが、腐っても鯛。れっきとした皐月賞馬なのであるからやっぱりマークされるのは当然なのではないだろうか。
ただ、逆に人気がそれほど集まっていなかった場合勝春はどんなけいば をしてくれるのかがとても楽しみでならない。
そこを考慮して馬券を考えていったほうがよい。

自分が見た調教の評価:走りは悪くないのだがやっぱり悪い癖が出ている。頭も高いと思われる。ただ、今までどおり調教であまり走る馬ではないので、多少考慮するぐらいでいいと思われる。 ○

次は・・・そうですね。
ここではド本命といわれているフサイチホウオーでいきます。
前回の皐月賞では後方からの競馬で、絶対届かないという位置から
3着までの豪脚を見せてくれました。あれには驚愕の一言でした。
さて、ここまでくるとやっぱり父のジャングルポケットに瓜二つ
といいざるをえませんね。
間違いなく東京コースは適正はあるものだといえるでしょう。
共同通信杯でもそれなりのものを見せてくれましたので
楽しみな一頭といえるでしょう。
ただ、全体的にマークを受けるのはいうまでもなく鞍上のアンカツさんがどれだけうまく捌けるかこれ一言につきるでしょう。
馬番は、外枠なので、全体的に見て動けますのでこれもプラス
条件だと思われます。

調教評価:とてもダイナミックですごい充実しているというのが見てわかります。 ◎

次は、対抗として見られているアドマイヤオーラです。
こちらは、武豊さんから岩田騎手に乗り代わりになりました。
自分としては武さんのほうがよかったのですが、こればかりは勝負事なので仕方ありません。(武さんは好きですが、馬券的にも人気になってくれるので、ほかの馬の狙い時になるのも狙いですが・・・)

さて、ここで注目したいのが体系です。
どうしても胴が短く見えてしまい自分にはまいらー色が強いのではないのかというのがそっちょくな感想です。
ただ、まだ未知なる3歳ですからね。もしかしたら・・・というのがありますからね。
こちらも調教評価をするとしたら◎ですね。
なんとも全体的な筋肉を動かしていて印象が強かったですね。
なんともいえないものになりました。

オーラに不安材料といえるのは距離です。
ここを胴克服できるのか楽しみですね。

次は・・・皐月賞惜敗で苦渋をなめたサンツェッペリンですね。
これは鞍上の松岡君の好騎乗があったからこそと見ているのですが。
今回は距離の問題も出ています。正直きるかきらないか迷っていますね。
本来なら迷わず消すのですが、鞍上が非常にのっていますので
穴として注目したいものです。ただ、過剰人気になったら
気って考えたいと思います。
調教は・・・(。-`ω´-)ンーちょっと疲れでもあるのかな?という
印象を受けたのですが・・・どうなんでしょうかね?

次は、ウォッカ。
さすが牝馬ですね。走りがやわらかい。
久しぶりのレースとなりますが、どうなんでしょうか?調教でも平凡的な動きだった気もしますが、もうちょっと気合がのっても?
という感じでしたが。調教師である角居先生は、この辺でいいとおっしゃっていたので、よほど仕上がったものだと思いますが・・・

ちょっと判断に困る存在ですね。
ファンがどう馬券を買うのか注目したいと思います。

さて、この辺でしょうかね。
やっぱりこのままでは硬い終わり方でしたので、
ほかに単純に調教で気になった馬を取り上げたいと思います。

まずはヒラボクロイヤル今年の青葉賞勝ち馬ですね。
まず、追ってからの反応がよかったですね。
また後肢の踏み込みがよいのが印象的でした。

ほかには、ナムラマースこちらは全四肢を使ってやわらかい走りでした。
首の上げ下げもしっかりしていたので、これはもしかするともしかしますね。距離が。。問題です。


最後にタスカータソルテ
こちらもヒラボクと同様に軽く仕掛けたときの反応がよく
軽やかな動きに見受けられました。
後は、どのように攻めていくのかが楽しみです。


後は、ちょっと注目しているのがフライングアップル。
この馬は藤澤流の調教なため自分にはわからなかったが
雰囲気はとてもいいものだと思うし、ちょっとした穴場
には面白いのではないだろうか。

さぁ、もう少しで夢のダービー若い騎手も一発を狙って
そして敏腕騎手。

色々と楽しい競演ですね。


今年はまた去年とは違った雰囲気のもので楽しいと思います。
ふと思ったあなたm9( ゚д゚)っ
是非100円でもいいのでかけて楽しんでみたらいかがでしょうか?

今日はこの辺で。
また予想できたらしたいと思います。

  1. 2007/05/25(金) 23:31:19|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。